マカとトンカットアリ

マカとトンカットアリ

精力剤や男性サプリメントによく含まれる、マカとトンカットアリですが、どのように違うのかを紹介したいと思います。

 

まず原産地についてですが、マカがペルーで、トンカットアリがマレーシアです。両方とも古代から、精力増強効果を見越して、摂取され続けてきました。そのために、とても貴重な存在として現地の人々からは重宝され続けてきました。

 

マカとトンカットアリのどちらが、効果があるのかということは、個人差や体質の違いで効果が変わってくるので、はっきりしたことは言えませんが、どうしても優劣をつけるというのなら、トンカットアリの方でしょう。

 

それは原産国の人種が日本人に近いトンカットアリだと思います。マカの原産国ペルーでは、インカ帝国時代にスペイン軍の侵略があり、欧米人が住み着いています。マレーシアでも植民地時代がありましたが、原住民がずっと住み続けているので、トンカットアリを使い続けているものアジア人種が多いと思います。

 

このようにそれぞれの植物を使用している人種が違うので、日本人と同じアジア人種であるマレーシアのトンカットアリの方が、日本人に体質には合っていると思います。

 

しかし、実際に日本で出回っている商品を調べてみると、断然マカの方が多いようです。これは、収穫量の違いが原因だといわれています。