マカはセックスレスの救世主

21世紀になってもセックスは重要問題、セックス危機の現代人の救世主になれるか。ペルーが世界に提供した「3つの奇跡」ジャガイモ・キニーネ・キャッツクロウ。
アンデス高原はこれまでに、世界を救う奇跡をいくつも生み出してきました。世界が危機に陥った時に、南米産の神秘的な植物が必ず登場して世界を救ってきたともいえます。

 

最後に登場したマカもその仲間に入ることになるかもしれません。

 

マカは世界中の男性の精力が明らかに減退している時代に登場しました。まだバイアグラ世に知名度は低いとはいえ、世界中の男女の悩みを救い、そして現代日本の男女のセックスレス、少子化問題の救世主になるかもしれません。

 

振り返ると、私たちが生きてきた20世紀はまさにセックスの時代でした。それまで封建的な価値観は崩れ始め、男女同権、女性の自立、2つの世界大戦を経験し、戦後には価値観が急激に多様化していきました。

 

60年代には性の解放が叫ばれ、「ウィメンズ・リブ」「フリーセックス」など様々なブームメントがありました。

 

セックスがオープンになり子供に対する性教育も重要にならざるを得なくなってきました。

 

そんな中、21世紀に差し掛かった頃から、世界の男性の精力が目に見えて衰えてきたのです。そうなると少子化や高齢化がますます進み、地球規模で人口の調整が必要になってきているのです。

 

その問題解決の救世主にマカはピッタリの商品なのです。