更年期障害や生理不順にもマカがいい

女性が成熟期から老年期に移行する更年期に入ると、卵巣の働きの衰えにより女性ホルモンの分泌が減少し、月経周期の不順、月経血の増減などが起こり、やがて閉経となります。

 

この時期に起こる精神的・肉体的な症状を更年期障害と呼び、その程度や症状は人によって違います。

 

症状が重い人になると、日常生活を送るのも大変だったり、寝込んだりと、この症状にひどく苦しむ方は数多くいます。

 

更年期障害の原因ははっきりとはせず、この症状に対する考え方にもいくつか説があります。

 

「内分泌の変化→自律神経失調症→不定愁訴」と言う心因性の原因が大きいとする説があります。代表的な症状としては次のようなものがあります。

 

 

更年期障害に代表的な症状

 

自律神経失調症
動悸・肩こり・のぼせ・低血圧・高血圧・冷え性・発汗・腰痛

 

精神障害症状
頭痛・不眠・憂鬱・疲労感・倦怠感・記憶力減退・耳鳴り

 

更年期障害も卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)に深くかかわっています。この女性ホルモンの分泌が低下してしまうことが原因と考えられています。特にエストロゲン欠乏は、更年期障害の代表である「月経停止、不眠、発汗、顔面紅潮」を引き起こします。

 

マカはこうした「女性特有の生理不順や更年期の症状にも効果がある」ということが報告されています。これは、マカの成分が体内に吸収されて、ホルモンバランスを改善するばかりでなく、免疫系、自律神経にまで好影響を与えることが考えられます。

 

また、女性にとって妊娠、衆参は最も健康な状態であることが求められます。実際、産後の女性は視力が低下したり、カルシウム不足になったります。相当のエネルギーを消費する営みですから、健康でなくては耐えることができません。

 

ペルーでは古くから不妊症に効くとされてきたマカは、素晴らしいエネルギー源としてとらえられています。妊娠・衆参にも役立つことから、普段の生活においても役立つことは言うまでもないことです。

 

出産後の栄養補助を始め、肌の健康の衰えを気にする中高年、更年期障害に苦しむ女性には特に効き目を発揮します。

 

シミ、しわなどで衰えた肌をハリのあるみずみずしいものに変えてくれますから、美肌効果も抜群です。

 

夫と一緒にマカを飲んでいる女性が「10歳くらい若返ったみたい」と口にするのはこの美肌効果のせいです。

 

ペルーのインディオの女性たちの生き生きとした姿を見れば、様々なマカの効果にも納得がいくと思います。

 

アンデス山脈の厳しい自然環境の高地で暮らす彼女たち、気温の差がとても激しく、気圧も低く、食事事象も良くないのに、彼女たちはとても元気なのです。

 

強い紫外線を浴びている彼女たちの肌は褐色で、都市を取っても針とつやがある若々しい肌をしています。

 

自然食品マカは、勃起不全に悩む男性だけに効くのではなく、不妊症、更年期障害、生理不順、生理痛などの女性特有のいろいろな症状にも効果を発揮します。

 

男性同様、女性もストレスの多い情報化、競争社会に生きています。健康上のk戸で悩みを持つ現代の女性にとっても、マカは強い味方になってくれる大きな可能性を秘めています。