マカの研究レポート

マカサプリ,効果,効能

マカはすでに不妊症治療にも活用されています。もともと南米では伝統的に、マカを女性の不妊症の治療のために使ってきていたのです。

 

治療例を挙げると、無月経に悩む20代の女性のケースでは、ホルモンの乱れによる無月経でした。長期間のマカ摂取によって見事に出産することができました。

 

さらに長期間不妊症に悩んでいた女性が、マカを1年間食べ続けることによって、妊娠が可能になったというケースも報告されています。

 

民間療法でマカを用いて子供を設けた例は数多くあります。日本でも産婦人科がマカに注目して治療に活用している医師もいます。

 

東京都内の産婦人科のいくつかでは不妊の夫婦に治療の補助的な役割としてマカを飲むことを勧めています。マカ飲用後に妊娠したケースは数多くあるのです。

 

不妊症の治療には通常、排卵誘発剤が使われますが、何度も強い誘発剤を使いことで、腹水がたまり、卵巣が張れるといった副作用が心配されます。

 

こうした副作用を和らげ、バランスの取れた栄養を補給し、ホルモン代謝を促進するためにマカが使われているのです。

 

もちろん、マカはまだ漢方薬のように保険の対象にはなっていませんが、その薬効は多くの動物実験でも確認されているのです。