マカサプリで自然に妊娠

マカサプリで自然に妊娠

マカの成分位は妊娠に欠かすことのできない必須アミノ酸が豊富に含まれています。妊娠するためには、男女の性行為によって精子と卵子が受精する自然妊娠と、医学的な技術によって受精させる人口妊娠があります。

 

人口妊娠には、精液をスポイトで直接子宮内に注入する人工授精や、体外で受精させた受精卵を子宮内に着床させる体外受精と言う方法があります。

 

これらの技術にはまだ完ぺきではなく、いくら治療をしても妊娠できないケースもあります。また、どちらかと言うと人工的に新進するのではなく、自然妊娠を望むカップ路の方が多いことも事実です。

 

そのような人たちには、医学的な妊娠治療をするのではなく、西洋医学やツボなどの民間療法をと呼ばれる治療を行っている人が多いようです。

 

しかし、民間療法の中には、医学的に確立した知識に基づいていないケースもありますので、時には危険を承知で治療を受ける覚悟も必要です。

 

しかし、その中でも漢方や生薬には医学的にも科学的にも不妊症に効果があると証明されているものもたくさんあります。また、不妊治療の専門医でも漢方薬を治療に利用している医師もたくさんいます。

 

その中でもマカサプリはとても効果があると注目されているのです。不妊症の特効薬としてこれまでたくさんの実績を上げています。

 

マカには必須アミノ酸が大量に含まれていて、中でもアミノ酸の母と呼ばれているリジン、アミノ酸の父と呼ばれているアルギニンが豊富です。このリジンは女性の性機能を高めてくれ、アルギニンは男性の性機能を高めてくれるので、精子と卵子が受精しやすい環境になることができるのです。

 

マカサプリを不妊治療と併用すると妊娠しやすくなるというデータがあります。マカの最大の特徴は完全天然成分であるので副作用の心配がなく、男女共の大きな妊娠能力の向上、男性に至っては勃起機能が向上します。

 

ペルーでは、インカ帝国の昔から受胎促進や滋養強壮にマカが愛用されていました。しかし、これまでにマカによって副作用が出て健康被害が出たという症例は1件もありません。

 

また、健康食品であるマカサプリには、決まった飲み方というものがありません。毎日自分の都合に合わせて飲めばいいのです。ただ、たくさん飲めば効果が高くなるというわけではありません。不妊治療のためには、1日2回程度の服用が理想的とされています。

 

不妊改善目的でマカサプリを服用するのなら、夫婦そろって飲まれることをおすすめします。2人の体がともに妊娠しやすい状態になれば、それだけ赤ちゃんが授かる可能性が上がるからです。

 

また、人工授精などの医学的地用を受けている方でも、マカを服用することで妊娠の可能性が上がります。治療を続けながらマカを補助職として飲めば、より高い効果を期待することができるのです。実際に不妊治療では効果が出なかったご夫婦が、治療を続けながら二人そろってマカサプリを飲んだら赤ちゃんを授かったというケースがたくさんあります。