自然食品マカの上手な摂り方

副作用がなく安心・安全。まさに天然のバイアグラ。現在日本ではマカは健康食品として輸入され販売されています。

 

原材料については、フジモリ大統領のいわばお墨付きで輸入されているマカは間違いなく100パーセント天然成分ですが、中にはほかの材料と混合したものなども売られています。証明書・パッケージなどは十分注意して購入してください。

 

アンデスの4000m以上もある高知で天日干しされたマカは、コチコチの状態になっています。その原料を飲みやすい顆粒タイプにした栄養補助食品が日本でも手に入るようになっているのです。顆粒タイプであれば消化・吸収ともにスムーズです。

 

マカは健康食品なので副作用は全くありませんので、飲み方に制限はなく、「毎日何時にどれぐらい」というような飲用方法の決まりが無いのです。

 

お湯でも水でも何で飲んでも構いません。

 

しかし、たくさん摂ればそれだけよく効くというものではありません。適量については個人差がありますが、始めて飲む人は一日10グラムぐらいを3日間続けるといいでしょう。

 

はじめのころは少し多めに飲んで効果を実感したところで、1日4グラムや6グラムぐらいという通常のペースにすれば無駄がありません。

 

また早い人でその日から、平均的なところでは5日から10日ぐらいでほとんどの人に効果がみられます。

 

基本的に効き始めれば、その後は、男性・女性ともに長期間の効果の持続が期待できます。

 

バイアグラなどの薬品のように即効性を第一に考えませんから、疲労回復・滋養構想を目指していきます。

 

マラ、マカは飲む量に変化を付けても効果があります。常に毎日決まった量を飲むよりも、体がマカに対して常に新鮮であり続けるように、料や時間間隔などにある程度変化を付けて飲用すると効果的です。

 

こうして点も、人工的に化学薬品とは違うところですので、それぞれの人が自分に合ったマカの飲み方をしてかまいません。