不妊症治療の現状

女性の不妊症の原因には、主に次のようなものがあります。

卵管の障害(卵管炎、卵管狭窄による通過障害)
卵巣の障害(無排卵性月経、黄体機能不全)
子宮関係の障害(子宮発育不足、子宮内膜症、頸管閉鎖)
膣の障害(膣狭窄)
心因性の障害・免疫異常

 

マカサプリ,効果,効能

女性の不妊症は複雑で、これらのほかにも様々な原因が考えられますが、このうち数が多いのは、排卵の通貨障害と無排卵性月経によるものです。

 

 

女性の体では卵巣が卵子を月に1個生産し、卵子は卵管の中でうまく精子と遭遇できれば受精します。その受精卵氏が子宮膜の上に定着して初めて、受胎が成立します。
これが妊娠です。

 

それ以後、子宮の中で約10か月間順調に胎児が健やかに育てば出産に至ります。

 

マカサプリ,効果,効能

子宮の中では大変に精巧なメカニズムが働いていて、このメカニズムのどこかに障害があると、女性は妊娠し出産することができないのです。

 

例えば、もともとの卵巣における卵子の採算に問題があれば、妊娠はけっしておこりません。また、卵巣から支給への卵子の通り道になる卵管が非常に細いか、何らかの原因で詰まっているため、妊娠できないケースもあります。

 

卵管が細く、そこで卵子が詰まった状態で受精して成長してしまうと、子宮外妊娠となり、手術で人口流産させなければ、母胎が危険です。

 

少女時代から2か月に1度しか生理がなく、自分はそういう体質だと思っていた女性がいました。彼女は実は片方の卵管が詰まっていたために、最終的に片方の卵巣が壊死してしまい、その卵巣は摘出せざるを得なくなりました。

 

こういうケースでも、本人は特別自覚症状が無いまま放置されていることが多いのです。

 

受精した卵子が、子宮内膜に着床せず、流産を繰り返すケースも多くみられます。これは、子宮膜の健康が損なわれているため、長く根気にいる治療が必要になります。

 

技術的に進歩している減税の産婦人科の細かい検査でも原因を発見できず、どうしても子供ができないケースも見られます。

 

そのほかにも、自律神経の関係で、排卵日に卵管が詰まってしまうことも起こりえます。これでは、ほかがどんなに正常でも、男性の精子の数が多くても、その運動状態が良好でも、妊娠することはできません。

 

こういう微妙なメカニズムでは、心因性の問題も絡んできますので、精神的なストレスの大きい現代社会では、医師がいくら調べても不妊の原因がわからないこともあるのです。

代表的な不妊治療法

卵管の通貨障害

女性の不妊の原因の中で最も多い、卵管の通過障害の場合は卵管開口術・卵管移植手術・卵管吻合術などを行います。さらに術後の通貨障害が再び起こるのを防ぐために、卵管通水術、卵管通気術と言った治療を行います。

 

卵巣の障害

卵巣は、卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンを分泌し、このホルモンが子宮内膜に作用して、月経が起こります。しかし、何らかの異常で排卵・月経が起こらない場合は、基礎体温を測定しながら、ホルモン剤を使った排卵誘発法が行われます。これは長期にわたる治療が必要で、かなりの費用がかかります。

 

不妊の原因は複雑ですので、卵管手術などの不妊治療や排卵誘発剤を長期にわたって施しても、妊娠が成功する確率はそう高くないというのが現状です。