3つの有効成分がED改善に効果あり

マカの成分は実に驚くべきものです。こうしたマカの成分のうち、自然食でありながらすごい「強壮剤」になる可能性として特に注目されるのは「デキストリン」「アルカロイド」「サポニン」です。

 

現代人にEDが急増しているのは様々な理由からですが、主な理由として精神的なものと食生活の乱れが考えられます。マカにはEDを改善する成分が多く含まれています。

 

デキストリン
陰茎動脈の血流をカッパ巣にする働きがあり、勃起不全を改善します。マカでしばらくなかった朝立ちが蘇ったりするのはこのデキストリンの薬効です。

 

アルカロイド
下腹部の動脈の血液の流れを良くします。アルカロイドは植物性塩基成分で、特にストレス性EDに効果があるとされています。

 

サポニン
有機化合物でホルモンバランスを整え、精子・卵子の増量を促進すると考えられています。

 

さらにマカに含まれているビタミン・ミネラルと一緒になると、相乗効果としてストレス解消・免疫力アップに役立つと推定されています。

 

こうした成分が複合的に作用して、男性・女性の機能を向上・改善させて、マカがED・不妊症を治していくのです。