驚くべきマカの有効成分

マカは古代から、アンデスの人々が経験的に常用してきましたが、マカの成分は世界中で研究されて、その有効成分や薬学上の特性が徐々に明らかになってきています。

 

マカの有効成分として発表されてきている者には、次のような栄養素があります。

 

必須アミノ酸・ビタミン・ミネラル・糖質など実に驚くべき有効成分です。

タンパク質組成(必須アミノ酸)

アルギニン・アラニン・セリン・グリシン・リジン・イソロイシン・トレオニン・バリン・アスパラギン酸・グルタミン酸

糖分(糖質)

果糖・ブドウ糖

ミネラル成分

カルシウム・カリウム・リン・鉄・銅・亜鉛・マンガン

ビタミン

カロチン・チアミン・リボフラビン・スコルビン酸

その他

脂肪酸・タンニン・ヘトロシド・アルカロイド・サポニン・ステロイド・デキステリン・フェノール化合物・フラボノイド

 

代表的な栄養素

タンパク質など

マカの主成分であるタンパク質には理想的なアミノ酸の攻勢になっています。人間の体内では合成できないが、人体に欠かすことのできない必須アミノ酸が豊富に含まれているのです。マカの成分の代表的なものをいくつか紹介します。

リジン

体タンパク質の合成、糖質の代謝、カルシウムの吸収に作用します。食欲増進・肝機能正常化・さらに女性の受胎能力の環境も調節します。

アスパラギン酸

生体内の代謝に重要な働きをします。タンパク質の合成を助け、滋養強壮・体力回復に役立ちます。

アルギニン

男性生殖細胞の80パーセントを構成するもので、これが不足すると性欲が減退し、女性の場合は不妊症になってしまいます。

亜鉛

牡蠣などに多く含まれ、新陳代謝を盛んにして活力を出します。精子・卵子の産生を活発にし、生殖能力の維持に欠かすことのできないミネラルです。

ヨード

甲状腺ホルモンを作る成分です。新陳代謝を調整します。発育促進しホルモンの原料として重要なミネラルです。

 

ビタミン類

ビタミンB群

生体内で物質の代謝に関与する酵素に結合して、その働きを活性化します。どのビタミンも多彩な生理機能を発揮する重要成分です。

ビタミンC

身体の防衛機能を強化して、様々な病気を防ぐ力を強化する働きがあります。アミノ酸の代謝に大きく関与します。

ビタミンE

不飽和脂肪酸の過酸化物性化を妨げて、血液循環をスムーズにします。活性酸素の発生を抑制する働きもあります

 

特にビタミンB、ビタミンC、カルシウムはストレスを解消するのに大きく役立ちますので、イライラの続くストレス社会の現代人にはもってこいの栄養素です。

 

マカにはこれ以外にもたくさんの栄養素が含まれていますが、マカが全身の血流を良くしてEDを改善したり、卵子・精子の増量を促進したりするのも、理解できることでしょう。